「須磨に生まれ、育ち、須磨に尽くす」 住民主体の市政を!!

松本しゅうじ

ごあいさつ

 謹啓 皆様にはますますご健勝にてお過ごしの事とお慶び申し上げます。
平素より格別のご厚情を賜り心より厚く御礼申し上げます。
 さる 4 月の市会議員選挙では、あたたかいご協力を賜り、御陰様で 7期目の当選をさせて頂き心より感謝申し上げます。
さて、皇太子殿下が新天皇に御即位され、新しい元号が「令和」となり、5 月 1 日から令和元年がスタートしています。
 安倍総理は「日本の文化を育み、自然の美しさをめでることができる平和の日々に感謝しながら希望に満ちあふれた新時代に」と決意表明されました。
 人口減少・少子超高齢化社会が進行する中、安倍政権は新3本の矢を一体的に推進し、成長と分配の好 循環を強固にするとしています。また、本年2019年は大阪でのG20サミット、ラグビーワールドカップ日本大会、 2020年は東京オリンピック・パラリンピック、2021年はワールドマスターズゲームズ関西、2025年は大阪万博開 催が予定され、神戸に於ける集客観光としてのインバウンドの受入れ強化策推進による経済効果にも期待する関西の新時代を迎えています。自立と 個性と競争が重要といわれる地方の新時代に対応できる神戸にしなければなりません。
 今後も引き続き、みなと神戸の関連企業・地元企業・地場産業・市場・商業への支援施策の拡充、神戸空港の規制緩和、地域医療・救急医療施 策の支援強化、生涯現役も含めたシニア世代の人材活用施策、高齢者福祉施策の充実、国際都市神戸の青少年スポーツの振興と英会話教育推進、 将来を担う若年世代への支援施策、働く女性のための子育て支援施策等々、住民主体の立場で多くの課題解決に向け全力で取り組んで参ります。
 厳しい状況下ではありますが、震災復興議員としての初心を忘れず、神戸・須磨の為に住民主体の市政を貫き「須磨に生まれ、育ち、須磨に尽くす」地元出身 のクリーンな市会議員として「明るく・元気に!」をモットーにその責任の重大さ認識しつつ、神戸新時代の力として懸命に努力して参ります。
今後とも尚一層、皆様方のご指導と力強いご協力を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

トピックス

2019年1月


2018年6月